指導コース -Course-

  • 小学生コース

    • 小学生だからといって「まだまだ・・・」と考えていると中学生になって大変なことになる。
    • 小学生については学ぶ楽しさ、知る楽しさ、分かる楽しさを実感してもらうことが必要である。
    • 算数・国語の基礎を理解してもらうための丁寧な授業を行い基礎学力をつけさせている。
    • 学校のテスト前には塾で理科・社会のプリントを配布して対策を行っている。
    • 小学生英語の必修化が迫る中、文法中心の学習の必要度は以前にもまして増大している。
    詳細

    わかるまで、できるまで教えます。
    子供の勉強の進み具合に合わせ指導し、学ぶ楽しさを知ってもらうのが一番の目的です。
    学ぶ楽しさを覚えると同時に学習する習慣を身につけさせます。

    自分が何が得意で何が不得意であるのかを理解させます。
    得意な教科はさらに伸ばすための、不得意な教科は弱点を補強するための学習を行います。まずは自分を知ることからスタートです。
    新しい問題、より難しい問題を解きたいという好奇心を育てます。

    小学生の時は「大丈夫だったのに・・・」と相談を受けることが多々あります。
    それが中学1年生ならまだ大丈夫ですが3年生ともなるとそれは大変です。小学校の学習内容に中学で習う内容の基礎基本がたくさん詰まっているからです。
    三角形の面積、立体の体積、円の面積・円周の長さなど枚挙にいとまがありません。
    こういった基礎基本を小学生のうちにしっかり理解し定着させておけばその後の成績を大きく飛躍させることができるのです。
    塾では算数、国語の基礎基本を重視し、計算問題においてもただ漠然と公式を教えるのではなく公式の裏にある「考え方」であったらり言葉の「定義」を丁寧に解説していきます。
    基礎を重視しているからです。

    小学生英語の必修化が決定しています。
    今後は今以上に何かにつけ批判の対象となってきた「文法中心の学習」の必要度は増していくでしょう。
    文法を軽視して「会話」重視の英語学習だけでは語学を習得したことにはならないばかりか日本の英語入試の現状から考えても 「文法」を深く正確に理解することが求められている「能力」と言えるのです。
    塾では以上の観点から小学生に対して「文法」中心の英語指導を行っています。



  • 中学生コース

    • 5教科指導が基本であるが少なくとも英語・数学・理科を普段から学習する必要がある。
    • 高校入試ではとりわけ数学・理科に関して深い思考力が試される。
    • そのため塾では通常授業から数学・理科の応用問題も指導している。
    • 定期テスト前はテスト対策講習を実施。学校配布テキストの分からない所も指導している。
    • 理科・社会の教科書中心の学習方法をひとり一人に丁寧に指導している。
    詳細

    あおぞら個別指導学院では「5教科個別指導」なので全ての教科を受講できます。ただ限られた通塾回数の下では英語と数学と理科の3教科を中心に学習することをご提案しております。愛知県公立高校の学力試験はこの3教科の出来で合否が決まると言って過言ではないからです。とりわけ数学、理科に関しては深い思考力が求められており普段から思考力を養うための学習をする必要が高まっていると思われます。

    個別ですから予習を中心に学習したい生徒は予習を、学校の復習をしっかりとしたい生徒は復習を中心に学習することが可能です。 予習を中心にする場合は学校での授業にスムーズについていくことができるので学校での授業に自信がつきます。復習を中心にする場合は学校での授業内容の理解に不安があるためまずは基本例題を確実に理解することで自信をつける必要があります。もっとも基本は予習にあると考えているのでテスト範囲を終えるところまでは予習をすることを前提に授業を進めていきます。その方が相対的には点数アップにつながるからです。

    定期テスト前はテスト対策講習で5教科全ての基本・応用を徹底的に学習します。理科・社会の学習方法が分からない生徒が多くおりますのでその生徒に合った学習方法を指導します。学習の王道は教科書にあると考えるので教科書中心の学習方法をひとり一人丁寧に説明します。テスト前は学校配布のテキストを塾に持ってきていただき分からない問題の解説も行います。定期テストでは学校配布のテキストから同じような問題が出題されるからです。
    あおぞら個別指導学院では生徒ひとり一人に合った学習方法を模索しながら万人にとって正しい学習方法について懇切丁寧に指導します。



  • 高校生コース

    • 高校1年生で習う数学が分からなくなるとその後の2年間の数学はほぼ理解できなくなる。
    • 数学も英語も高校1年生が最重要学年だとの認識から徹底的に基礎基本の理解を目標とする。
    • 数学はチャート式や学校配布のテキストも使用して学校での定期テストでの点数確保を狙う。
    • 学校の定期テスト前には塾で学校配布のプリントや課題を行い、分からない所を指導している。
    • テスト前、入試直前は塾での長時間の自習時間を確保できるように配慮している。
    詳細

    大学受験に必要となる基礎力をつけるため英語、数学を中心に各自の実力に合わせたテキストを使用して学習します。学校の教科書に沿った学習を行うこともできます。

    高校1・2年生は大学受験の素地を養う大切な時期です。英語では英単語、文法、基本構文、英文解釈、長文読解を学習し、数学では二次関数、三角関数、指数対数関数、場合の数と確率、図形と方程式、ベクトル、微分法・積分法などを学習します。
    化学、物理などを希望する場合にはどの分野が苦手であるのか確認し、基礎基本を理解するための演習問題をやってもらいます。物理基礎、化学基礎にも対応した指導を行っております。

    数学、英語ともに三年間習うこの2教科はとりわけ1年生の理解がそのまま大学受験の力に反映されます。特に数学は高校1年生の理解があやふやなまま進んでも数Ⅱ数Ⅲの理解は非常に不安定になります。1年生では二次関数、三角比、確率、図形と計量とその後の2年間を占う重要単元が目白押しです。この理解なくしてその後の数学を理解することは非常に困難です。そのことは英語にも当てはまります。
    塾では教科書、学校教材、塾専用教材を中心に学習し、特にテスト前には学校配布の課題プリントをこなしてもらいその中で分からない所を指導します。
    テスト前、入試直前は長時間の自習時間を確保できるように時間割を組み毎日計画的に学習する習慣をつけてもらいます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) no.003 All Rights Reserved.